サンタルパ騎士団
情報の海に浮かぶ謎の公国

公国戦略思念備蓄基地/生霊保管所

Santulpa Knights / 出展 写真AC

ワタシノフスキーに対する理不尽でよく分からん怨みの念や不適切な生霊たちは、すべてドラム缶に封印してガ島で保管している。中から出せとガンガン叩く音がうるさいので、街はずれの場所に専用の保管所を設けている。これらは本当にどうしようもない言霊や生霊の類ではあるが、思念を飛ばすには並々ならぬエネルギーを要するものだ。利用しない手はない。ガ島の発電や思念体ミサイルの推進剤として利用させてもらう。保存しているもの70%がアニーさんに由来するものらしく「やめろ」「消えろ」の言霊が缶の中で蠢ている。いやはや、一つくらい「愛してる」とか「好きです」はないものだろうか…全部、本当に私に対する罵詈雑言である。搬入量が増加傾向にあり、保管スペースもなくなりつつある状況だ。さっさと発電や推進剤に使用して消費しようと思う。近々、ガ島で大規模な思念体発電所を建設する予定だ。一部は、思念体潜水艦はまぐりの燃料としての再利用を検討している。これだけの怒りのパワーを前向きな方向に活用すれば、きっと、良い人生が開けただろうに…実に、愚かと言わざるを得ない。私に対して怒りの念をぶつければぶつける程、ガ島は強化されて行く。

Merry Xmas